インタビュー

ディーン N 「能力のある人が責任を果たすべき」

インタビュー:ディーン N 「能力がある人に責任を果たすべき」 画像1
Q: 自己紹介をしてくれますか?

A: 名前はディーン、27才、イングランドから来ました。ノッティンガムという町で育ち。学生の頃はもっぱらスポーツに夢中で、勉強を頑張るべきだと思う程賢くなかったかな、16才で卒業する時に父に薦められてエンジニアになり、6年間働きました。

Q: 人生の原動力は何ですか?

A: 原動力になっているのは、「経験から学び、常により良い自分を目指し、世の中に良い影響を及ぼせる様に頑張る事」です。

Q: なぜ日本に来たのですか?

A: もともと日本には行ってみたかったし、住んでみたいと思っていたんだ。ニュージーランドで知り合った日本人の友人が東京に住んでいたのが具体的なきっかけになったね。

Q: 日本の最初の印象はどうでしたか?

A: とにかく何もかもが新しかった、クレイジーな新世界!。最初の頃はとにかく歩き回ってなんでも見て、その全てが驚きだったし、全てに興味を持ったよ。

Q: 思っていた日本と現実は違いました?

A: 東京はもっときれいだと思ってたよ、きれいで美しい近代的な建築物が有って、例えば横浜のみなとみらいの様に。でも実際はごちゃごちゃしてて、思っていたより汚かった。技術が有るからと言って、全てがきれいで新しいわけではない事が分かったし、学ばなきゃいけない事が沢山有ったね。

Q: その頃は何をしていましたか?

A: モデルとして事務所と契約したかったんだけど、その頃はドイツでスポーツタイプのモデルをしていた後だったから今より7kg位重かったんだ、ファッションモデルをするには大き過ぎだよって言われてしまってだめだった、でも夢は諦めたくなかったから、ゼニスの様な素敵なフリーランスの事務所を見つけるまで、渋谷のカフェで働いていたよ、それが日本での初めての体験だね。

Q: 一度帰国しましたがどんな予定でしたか?

A: 日本を離れた時は戻ってくる予定はなかったんだ、時々友人を訪ねに来よう位の気持ちだった。日本での生活は本当に特別だったけど、世界は広くてまだまだ未知が沢山有ったから、次にチャレンジしなくちゃといけないと感じてた。次の予定はロサンジェルスに行って俳優やモデルになろうと思っていて、実際ビバリーヒルズに事務所も見つけていたんだ。

Q: 国に帰ってからはどんな生活をして、何をしていましたか?

A: まずイングランドとヨーロッパを旅行して、その後しばらくスコットランドに帰っていたよ。そこでは電話も持っていたけど、皆に番号を伝えていなかったし、小さな村にいたので誰も訪ねてくる事もなかったし、必要な人とだけメールで連絡を取ってたよ。その頃は毎日、家族がまだ寝ている朝6時くらいに起きては、農園の中や海岸のそばを走っていたよ。僕にとって走る事は瞑想と同じなんだ、この贅沢なトレーニングが出来る事にとても感謝していたし、それはとてもスピリチュアルな時間だった。考える時間が沢山あって、今の自分よりもずっと集中していて、スコットランドにいた時は本当に集中して、人生にとって何が本当に大事なのかをずっと考えていました。

Q: その後どう行動したんですか?

A: スコットランドの小さな村で、地域の為になる様に、スコットランドをよりきれいにする為に学校を通じてゴミを拾う運動を始めたり、あまり体に良くない物を食べている人達向けに、無料のフィットネスコーチや食べ物の栄養バランスのアドバイス等を始めたんだ。

Q: 他にどんな事をしていたんですか?

A: 日本を離れる時、既にたくさんのアイディアが有ったので、それらを何かしっかりした形にしようと思っていたんだ。沢山の人から旅行のブログを書きなよと言われていたんだけど、もし書くなら何かもう少し深いものが書きたいと思っていたところ、親友の一人に「君は何か夢中になった事を人に伝えるのが上手いから、自分が共感を覚えた事だけを取り上げた旅行ブログを書いたら面白いんじゃないか。」と言われて自分の中で何かがひらめいたんだ。そして、そのときはまだ名前もなかったけれど、後にIMA(Intrepid Model Adventure)となるサイトと世界に向けた活動を立ち上げたんだ。

Q: IMAって何ですか?

A: 作った当初は、もっと自分の事、自分のアドベンチャーを人に伝える場所と思っていたんだけど、すぐにそれを使って出来る最高の事は、コミュニティーを作る事、自分の事を伝えるだけでなく、自分を奮起させてくれる人々を集める事だって気がついたんだ。皆の違った技術や才能を一カ所に集める事によってこの素晴らしい世界にもっと色々な事が起こせるからね。

Q: 初めて東北の地震と津波のニュースを聞いた時何を思いましたか?

A: 僕はその時スコットランドでIMAの構想を練っていたんだ。

ニュースを知って、すごく助けたい気持ちがあるのに何もできないもどかしい気持ちになった。この災害の事をニュースで調べたり、友達が無事かメールでチェックしたりした。
僕の好きな言葉で「能力のある人が責任を果たすべき」というのがあるんだ。この意味は「あなたが誰かを助けられるなら、あなたこそがするべきだ!」 僕らは普段他の誰かがやってくれるだろうと思いがちだけど、そうじゃない。自分でやらなきゃならないんだ。

Q:なぜ日本に戻って来たのですか?

A:自分が何か役に立てると思った。日本語を少し話せるし、まず体力がある。必要があれば1日16時間位働く事もできる。
日本に行くと決めると、みんなに行くなって反対されたよ。日本はボランティア団体が整っていないし、道路もまだ閉鎖されたままで危険すぎるって。あれだけ多くの犠牲者が出て、あれだけたくさんの家屋が崩壊されたのに助けが必要ないって?信じられなかったよ。
だから自分の目で確かめる必要があったんだ。僕はボランティア団体には入らずに、自分で何週間かサバイバル出来るように冬服やたくさん水をバッグに詰めて、福島県いわき市に向かった。
初日から自分の決断が正しかったって分かったよ。いわき市の状況は悪かったけど、自衛隊がほとんどの活動をしていたので1週間でもっと北へと、宮城県石巻市に向かった。

≫≫ 続く

<< ENGLISH SCRIPT >>

Q: Could you tell us about yourself?

A: My name is Dean, I am 27 years old, and from England. I grew up in town called Nottingham.
At school I was basically into sports and at the time like many kids, I wasn’t wise enough to want to study very often. When I left school aged 16 years, my dad encouraged me to become an engineer, which I did for 6 years basically.

Q:What is your motivation for your life?

A: My motivation is to “Keep learning through experience; so to continue to try and better myself and push myself to try to make a positive impact on this world.”

Q: Why did you come to Japan in the first place?

A: I wanted to go and live in japan and I had a friend living in Tokyo who I met in New Zealand; that gave me a starting point.

Q: What was your first impression of Japan?

A: My first impression was everything being so new! A crazy new world! I used to walk around looking at everything with wide eyes. Things were surprising and everything was interesting.

Q: Did your expectations fit with real Japan?

A: I thought Tokyo would be cleaner, like Minato Mirai in Yokohama, which is clean and has beautiful modern architecture, but Tokyo is actually messy! It was dirtier than I expected. Technology doesn’t necessarily mean everything is clean and new. So I had to learn a lot.

Q:What were you doing back then?

A: I wanted to be a contract model, but at the time I was 7kg heavier than now, after muscling up for a sportier German market. I was told that I couldn’t model for fashion because I was too big. I didn’t want to give up on the dream so I began working at a Cafe in Shibuya, until I found great freelance agencies like Zenith!
That’s my first experience in Japan.

Q:Once you had left Japan, what was your plan?

A: When I left Japan I didn’t plan to come back, unless occasionally to visit friends. Life in Japan was really special, but there’s a big world out there for me to explore, so I felt I must move on to my next challenge. My plan was to go to L.A. for acting and modeling, and I found an agency in Beverly Hills!

Q: What was your life like back in your country? What were you doing?

A: I travelled England and Europe first, before actually setting for a several months in Scotland. Here I had a phone, but nobody knew the number. I was living in a small village so nobody came to knock on my door. The only way to contact me was e-mail. Each day I got up early, like six in the morning, while my family still slept, and started running around in the farms or next to the sea. Running is my meditation. I felt lucky to spend this gorgeous time training and felt so spiritual. It gave me a lot of time for thinking. I was more focused then than I am now. In Scotland I was super focused! I could think about what’s really important in life.

Q: What did you do after that thinking?

A: Then I started trying things for local interest in my tiny little village in Scotland, like trying to organize schools to pick up trash to keep Scotland cleaner, or start offering free fitness and nutrition advise to people who are eating very unhealthy food.

Q: What else did you do?

A: I had so many ideas when I left Japan, I knew I was going to do something major! So many people said to write my travel blogs, but if I did so, I wanted to blog something deeper. Then one of my best friends told me “You could be quite inspiring because you are so passionate about certain things. You could write your travel blog but why don’t you focus on showing the thing that you have compassion for.”
Then my wheels were turning and I created the website and global movement which didn’t have a name yet, but later became IMA (Intrepid Model Adventure).

Q: What is IMA?

A: When I first created IMA, I thought it is going to be much more about me; showing my adventures and trying to inspire people, but then I soon realize that the most beautiful thing I can do is to build a community. It’s not just about me, it’s about bringing people together that inspire me. Use all our different skills and talents in one place to make even more happen for this beautiful world.

Q: What went through your mind when you first heard the news about the earthquake and Tsunami in Tohoku?

A: I was in Scotland creating IMA. It’s a horrible feeling to think you can do nothing to help when you really want to help someone. After the disaster I had to look on the news and read friends emails telling me if there were okay or not, to try and understand the situation.
There is a quote I really like – “Those who have the ability, have the responsibility” which basically means, if you can help, you should do. You are the one! We all think someone else in life is taking care of things for us, but I think it’s down to us to take responsibility.

Q:What made you come back to Japan?

A:I thought I could help. I can speak a little Japanese and I am strong, so I can work 16 hours a day if I need to.
Everyone who I told I wanted to to Japan to help, said “Don’t go!” They said there was no kind of volunteer system set up in Japan or it was too dangerous and the roads weren’t even open. I couldn’t believe they didn’t need any help after this level of disaster with all those people who lost their lives, who were injured or had their houses destroyed. How could they NOT need help?
So I felt like I had to see it for myself. Instead of going with any volunteer group, I packed a large bag enough to survive for few weeks. with winter clothes and many bottles of water, and headed off to Iwaki, Fukushima.
From the 1st day, I knew it was the right decision. Iwaki was bad but the army was there taking care of lots of things, so in 1 week I moved further up north to Ishinomaki.

≫≫ To be continued

PAGE TOP